EDで悩む男性は多く、年齢を重ねれば重ねるほど増えていくといわれています。
しかし、最近は便利なED治療薬が登場したので、薬の力を利用すれば、十分勃起不全状態を改善させることができます。
中には、ED治療薬がどういものかといった情報があまりなく、良くないイメージを持たれている人もいるかもしれませんが、ED治療薬は、簡単に言うとペニスに十分な血流を促すという薬ですから、特別危険な薬ではないということが言えます。
これまでED治療薬が登場してきて以降、それほど重篤な副作用などの訴えは起こっていません。
ただし、薬である以上、服用方法をしっかりと守って服用するということが大事になってきます。
特に、ED治療薬によっては、服用方法などが異なってきますから、自分が服用する薬がどのような特徴があるのかということを知っておく必要があります。
中でも、どのタイミングで服用するのかということに関してはかなり重要になってきます。
性行為の直前では間に合わないこともありますし、あまり早すぎる服用も効果の持続が続かないことがあります。
では、どのようなタイミングでED治療薬を服用したらよいのかというと、薬にもよりますが、一般的には性行為は夜、もしくは夜中に行われることが多いですから、性行為の1時間前には服用をしておくといいかもしれません。
あまり夜中になって服用してしまうと、なかなか寝付けないといったこともありますから、次に日のためにも早めに服用するとよいでしょう。
最近のED治療薬は、効果の持続時間が非常に長い薬もありますから、そういった薬であれば、早めに服用したとしても性行為の時間をそれほど気にせずに済むと考えられます。